マクロビオティックとは?

マクロビオティックって何?

自然派志向の人や、ダイエットをしている人によく知られている「マクロビオティック」。

これはなんなのかというと、穀物や野菜、海藻といった古くから日本で食べられている食材…つまりは伝統食をベースとした食事のことで、体を自然と調和させながら、健康的な暮らしにしていこうとする試みのことです。

大きな(マクロ)」と「生命(ビオ)」、「術(ティック)」の3つの言葉が組み合わさってできたマクロビオテックには、自然に即した命のあり方といった意味があるのです。

そんなマクロビオティックの基礎となるものを作ったのは、桜沢如一氏です。
欧米から伝わってきたものといったイメージがありますが、実は日本で考え出されたものなのです。

桜沢氏は、石塚左玄氏が提唱していた「食物養成法」という考え方と中国の「易」の陰陽を組み合わせて「玄米菜食」という食事法を作りました。
それを久司道夫氏がマクロビオティックとして体系化させたのです。

このマクロビオティックには2大原則というのがあります。
自分が暮らす土地でできた旬の食材を食べるとする身上不二」と、自然からいただいた恵みは残さず丸ごといただく一物全体」です。
そして、すべての食材には「陰」と「陽」があるとして、そのバランスも大事なものとなっているのです。

陰性とは遠心力・静かな・冷たい・水分を多く含むものをいい、陽性とは求心力・動きのあるもの・熱いもの・水分の少ないものなどをいいます。
これらのバランスが取れている状態を「中庸」と呼んでいます。

例えば、夏のキュウリは暑さで火照った体を冷ましてくれるとした陰性の食べ物に、冬に食べるゴボウは冷えた体を温めてバランスを整えてくれるとした陽性の食べ物となっています。

マクロビオティックでは、陰と陽のどちらか一方に偏りすぎてはいけないのが基本中の基本。
穀類や根菜、豆類などを中心とした食事内容とすることが多くなっています。

マクロビオティックがダイエットになる理由

マクロビオティックを意識した食生活を送る事は有効なダイエットになることがわかっています。
菜食主義と間違われてしまいそうな内容ではありますが、日本人の体質に適した食材を元にしているので、体を健康的に無駄のない体に整えていくのです。

これまで肉や魚を中心としてきた人には物足りなく思えるかもしれませんが、続ける事で食材がもつ自然の味がおいしく感じられるようになります。
満腹感もそれなりに得られるようになってきますので、まずはマクロビオティックの食事に慣れることが大事。
続ける事で、老廃物の排出や代謝がスムーズになり、太りにくい体質へと自然に変わっていくのです。

トップへ戻る